インペリアルチョコチップ、香川本鷹一味


インペリアルチョコチップと香川本鷹一味、この意外な組み合わせは、どちらも大阪府堺市にある有限会社・エスエフスピリッツ(以下、SFS)製造の商品である。もともとはベルギーからお菓子やチョコ製造のための原料チョコの輸入販売を手掛けていた。それと並行して、日本の地方に伝承されている農作物や食品の発掘から商品化を行い、販売をしている。

私は4、5年前だったか、丸亀市沖の塩飽諸島で『香川本鷹復活プロジェクト』が進められていることを知った。そして県に電話して丸亀市農林水産課のK課長を紹介され、訪ねて行き内容を詳しく伺った。そこでSFSが香川本鷹の全量買取加工を行うことで始まったプロジェクトだと知り、当時何度も香川を訪れていたSFSのK社長と面会することができた。香川で暮らし、ましてや食品の販売に携わる者として、どうしても地元産原料の一味、七味が欲しかったのだ。

それから今日に至るまでK社長とはお付き合いをさせていただいている。去年起業への思いを描いていた時もいろいろと相談に乗っていただいた。思いがある人達が集えば物事は形になることを教えてくれたのが香川本鷹由来の加工食品だ。一昨年は「香川本鷹生七味」が全国的にヒットした。40gが499円(税込)、100均商品の約5倍の値段、それでも多くの消費者に価値が判ってもらえたのである。島の高齢者が作付可能な作物、そして香川本鷹以外の原材料も国産、きちんとした開発意図とストリーがある商品は携わる皆を良い方向に導いたのである。