百聞は一見にしかず

2月25-26日と栗林公園駐車場内にある『かがわ物産館 栗林庵http://www.ritsurinan.jp/』で香川本唐辛子を用いた七味づくりのワークショップを開かせていただいた。

この栗林庵は、(財団)香川県産品振興機構が運営する香川県産品を販売するアンテナショップだ。東京新橋にある香川県のアンテナショップ『せとうち旬菜館』は姉妹店になる。栗林公園は香川が誇る大名庭園で一大観光名所だ。だからここは観光客相手の土産物店なんだと思い込んでいた。

2日間やってみて気付いたのは、地元客も来店する場所だということだ。それも日常使いのための食料品を購入し、お気に入りのイベントやワークショップがあれば体験する。後日栗林庵S店長に確認すると、オープン時の地元客比率は2割前後だったが今は4割に近づいているという。開業して4年、客数全体が増える中で地元客が増えている。栗林公園周辺は高松市内では市中心部に近い高級住宅地で人気の校区でもある。無料駐車場を備えていない香川県内ではかなりの悪条件の店舗ではあるが、近隣からは徒歩、自転車では来店できる。品揃えは県産品のみだから、スーパー、コンビニに置かれている商品よりは価格帯は高い。首都圏や名古屋、関西のように高質系の店舗のほとんどない高松で、そのポジションにある店の代表店になっているといえる。県産のブランド肉や果物、日配品も置いているし、土日祭日には県内生産者の直販プロモーションも行われている。

まだ体験していない県内の食に携わる者は、この場所を商品開発リサーチ、プロモーションの場としてもっと活用してはいかがだろうか。

 

【松井の昼ごはん3月27日】
高松市上天神町ジェー・Ponteで日替わりランチ。
ここは手の込んだお料理がゆっくりいただける隠れ家のようなところ。


【松井の昼ごはん3月28日】
坂出市京町リーベで日替定食。ハンバーグも少し飽きてきた。


【松井の昼ごはん3月29日】
善通寺市下吉田町まるやうどんでかけ中+穴子天。最近香川本鷹を自分で挽いたmy一味を持参している。


【松井の昼ごはん3月30日】
仲多度郡まんのう町で日替わりランチのかつ丼セット。この店も歴史があるな。


【松井の昼ごはん3月31日】
坂出市元町ギャラリーカフェ ESPRITでおまかせランチ。いつもながら見事な料理だ。



【松井の昼ごはん4月1日】
高松市東ハゼ町Gallary Cafe 想創でチーズカレートースト+珈琲+持込のブロッコリーの浅漬け。
カレーはきちんと煮込まれている牛スジカレーだ。


【松井の昼ごはん4月2日】
丸亀市土器町マドリエ未来館で居酒屋Dining総(綾歌郡宇多津町)のかしわ飯+チキンフライ。かしわ飯うまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ アーカイブ