Monthly Archives: 1月 2018

『Shop&cafe おいしこく~cocoa~』は、こんなお店です。

四国・瀬戸内のイートグッドな食材とキャンドルを通じて、健康で豊かな生活をお手伝いする、小さな情報拠点です。
食、生活雑貨の「ちょっと変わったサプライヤー」が集う給湯室のような場所です。
香川本鷹唐辛子、五色台禅ハーブ、珈琲、お米、地元食材が楽しめるカフェです。

2月3日(土曜)10時から石鎚神宮の神事からオープンする。この日は節分。新しい年の始まりに合わせて新たな事業も始まる。当日はまだほとんど商品は揃ってはいない。しかしコンセプトは明確なので、地域と懐事情に合わせて折り合いをつけていきたい。

サプライヤーの皆さん! お店をぜひ見に来てください。片田舎の小さな商店でどうすれば伝わるか、楽しんでいけるか、ともに考え模索していこう。ワークショップ、販売プロモーション受付中。

【松井の昼ごはん1月22日】
高松市仏生山町風風ラーメン仏生山店で油そば半チャンセット。それなりの金額の割には物足りない。

【松井の昼ごはん1月23日】
高松市一宮町源平うどん一宮店でかけ中+とり天。至って普通のうどんだ。

【松井の昼ごはん1月24日】
高松市川島本町カフェモンテでランチ。コスパはトップ級だと思う。


【松井の昼ごはん1月25日】
高松市仏生山町宮武製麺でかけ3玉+揚げ+てんぷら。気になってた駅前の製麺所。とても味わいのある良い店だ。

【松井の昼ごはん1月26日】
高松市仏生山町宮武製麺でかけそば2玉+ウインナー天+むすび。そばも美味い。

【松井の昼ごはん1月27日】
高松市勅使町ミスターバーグ高松勅使店でランチ。無性に肉が食べたくなって入店。土曜なのでファミリー客で座席は満席。この業態は収益性良さそう。

【松井の昼ごはん1月28日】
善通寺市下吉田町まるやうどんでカレーうどん大。流石に美味しい。その後丸亀市今津町珈琲倶楽部でブレンド。


言行不一致

今月の16日から高松市仏生山町で小さな物件を借りて、来月オープンに向けて内装工事をしている。ここに決める際、商圏分析ソフトで立地調査はした。商売には不向きな場所と出た。ソフトは全国版だから高松市といえども、適している場所は限られている。仮に適しているとこに空きがあったとしても、私の払える賃料ではない。

サラリーマン時代、麺類専門店関係者や新規開業予定者に講習めいたものをしていた。自分は安全領域に居ながら、あれこれどこにでもあるような事例や、お客様の成功や失敗事例を平然と語っていた。振り返ると嫌な奴だった。リスクを背負ってない人が何を論じても説得力がない。外食のFCにせよコンビニFCにせよ、ほんとに素晴らしいパッケージなら本部の幹部社員が数店舗のオーナーしているようなチェーンでないと偽物だ。

コンセプトが場所、内装、設備などに貫かれているか、これもお金の要素が大きい。けれどもお金が無ければ無いながらでもスタートしなければ何も始まらない。そう今はお金が出ていくばかりの時。先ずは投資なのだ。

友人たちの手作りと、頂き物中心で店を作っている。ご興味ある方見学できます。


【松井の昼ごはん1月15日】
高松市香西北町喫茶ベアーで日替わりランチ。鶏肉が大盛だ。

【松井の昼ごはん1月16日】
高松市出作町喫茶クリートで日替わりランチ。煮込みハンバーグだった。

【松井の昼ごはん1月17日】
高松市木太町ロゼでランチ。今日は若鳥のソテー。ソースがたまらん美味さだ。

【松井の昼ごはん1月18日】
高松市勅使町福一勅使店でこってりしおで餃子セット。客単価上げる様々な仕組みを考えている。

【松井の昼ごはん1月19日】
高松市仏生山町Bit’z BURGER CAFÉでアメリカンJRバーガー+珈琲+ソフトクリーム。高級バーガーはとても美味しい。大手外食チェーンとは別物の本物。

【松井の昼ごはん1月20日】
高松市仏生山町コメルシーの台所でホットサンド+コーヒ。出店する店の3軒西隣のカフェ。コンセプト、内装の素晴らしいお店。良い食材使っている。


【松井の昼ごはん1月21日】
丸亀市飯野町中華料理阿佐でランチセット(中華そば+天津飯)ここの味は優しくて好き。

ともに歩みたい人達をつなぐ場所

自分の頭で考え試行錯誤しながら、世間や業界の「常識」に疑問を持ち切り開いていく、多数派からは変人といわれるひと。『たべたい食の番組(http://www.kagawa.tv)』に登場していただいた方にはそういう人が多い。

皆、目指すべき理想を持ち、その理想に近づけようと日々努力している。サステイナブルな産業・社会構築を、米麦で目指す人。野菜果物で目指す人。前者の方の原料で加工食品を作り目指す人。流通販売調理加工などを通じて目指す人。(たくさんのご出演の方々、ありがとうございました。諸事情で収録は3か月ほど休止中だが、暖かくなったら再開する。)
ともに歩みたい人の輪をつなぐ小さな場を作っていく。商品の背景にある事や夢を伝える、感じていただける、楽しんでもらえる『給湯室』みたいな場だ。

高松市仏生山町甲475-2にある38㎡の小さな貸店舗を契約した。仲間たちと手作り?で形にしていこうと思う。~変人、お待ち申しあげております。


【松井の昼ごはん1月8日】
高松市香南町空海房でかけ大+南京天+高野豆腐天。このお店は天然水「空海の泉」が飲めるセルフ店。


【松井の昼ごはん1月9日】
丸亀市飯山町手打ちうどん彦江でオリーブ牛肉うどん中。ちょっとだけ張り込んでみた。


【松井の昼ごはん1月10日】
丸亀市綾歌町ピッツェリアアルチェントロでピザランチ。讃岐ご当地グルメ連合(讃G連)仲間のお店。



【松井の昼ごはん1月11日】
丸亀市土器町中村で釜玉大。久しぶりに食べた。10時半だから待たずに食べれた。ある意味芸術だ。


【松井の昼ごはん1月12日】
坂出市花町カフェジュノーでハンバーグランチ。近所のカフェ。好きなお店だ。


【松井の昼ごはん1月13日】
三豊市仁尾町カフェドフロでオムライスランチ。良いデミグラスソースだ。その後取材で綾歌郡宇多津町塩がま屋へ伺い、ざる。



【松井の昼ごはん1月14日】
丸亀市土器町マドリエ丸亀未来館で開催のさくらぃ百貨店出店のポイ食堂のチキンカレー+悠月屋の深煎珈琲


当たり前を疑う


原料がなくなり2016年に終売になってしまった商品

我が国のゴマ自給率は0.05%。だがスーパー、百均などで当たり前に白ゴマ、黒ゴマの奇麗に粒が揃った袋入りが買える。

先日金ゴマを作っている友人を訪ねた。収穫選別がとても大変で、市販のようなものは到底できないと苦労している。苦労して洗いゴマ状態で商品化して1袋40g位を500円近くで販売しても収益は出ないという。

では市販なものはなぜ商品化できているのだろうか。2016年ゴマの生産統計では1位からタンザニア、ミャンマー、インド、中国、スーダン、ナイジェリア・・・とある。ここから想像できるのは奴隷的労働のうえに成り立っている商品ではなかろうか、と憶測できる。買取規格と価格を決め安価で大量に原料を買付、その後大量加工、そして小分けしたものが流通しているのだろう。

国産のゴマはとてつもなく高い値段で販売されているのかといえばそうではない。50g1000円以上のものなんて見たことがない。炒りごまが300円から500円程度で産直や自然食品系の店舗などで買える。海外産のゴマの値段の安さに引っ張られているのだと思う。そして比較的高い国産ゴマは収益性に乏しく、輸入ゴマは安いが収益性は確保できるのだろう。

そもそも国産なんて意味がないのか。ましてそれを自然栽培でやることはどうなのか。作り手が自信をもって売り先のことを思い、育て加工したものは意味があると思う。商品規格は、スーパーや百均に並んでいる商品や国産原料や有機JASをうたう自然食品系大手に類似した商品仕様や上代設定にする必要は無い。

粒揃いが悪かったり、ゴマの皮や鞘などの異物が若干混入しているものであっても、丁寧に生育過程や加工法を伝えて販売したら良い。何故ならば、このゴマはたった0.05%の国産ゴマの中で、さらに希少な金ゴマで、香川県まんのう町産で、自然栽培で製造加工販売までもが、〇〇さんが一貫して行っている唯一無二の凄いものなのだから。


【松井の昼ごはん1月1日】
自宅で綾歌郡宇多津町百年料亭公楽のお節をいただく。優しい良い味付けだ。


【松井の昼ごはん1月2日】
丸亀市今津町珈琲倶楽部で遅めのモーニングをいただき、その後、三豊市詫間町石鎚神宮内茶久楽で正月限定の三色丼セット。正月らしい1日。



【松井の昼ごはん1月3日】
丸亀市飯山町手打ちうどん彦江でかけ中+揚げ+昆布天。手打ちは麺が優しい。


【松井の昼ごはん1月4日】
坂出市京町リーベで唐揚定食。


【松井の昼ごはん1月5日】
丸亀市飯山町上田うどんで味噌しっぽく平打ち麺大。味噌は優しい味だ。具材ゴロゴロがうれしい。その後三豊市仁尾町カフェドフローでチーズケーキ+珈琲。父母が浜の落日が見れてよかった。



【松井の昼ごはん1月6日】
坂出市京町セピアでセピアブレンド+MIXサンド。この組み合わせいけてる。


【松井の昼ごはん1月7日】
丸亀市飯山町海侍ですじこん中+とり天。すじこんの虜だ。


2018年1月1日 お互いに信頼・尊敬できる関係を取り戻す

新年あけましておめでとうございます。
近年は、食を取り巻く消費者・利用者心理が荒廃して、とてもおかしなことになっている。それは飲食店における予約『ドタキャン』の恒常化と、悪質クレーム暴言暴力だ。
ドタキャンは仲間の店でもよく聞く。一見さんの場合も常連さんの場合もある。折角、仕込だり、ご用意した料理が不憫なだけではなく、その経営損失は計り知れない。
暴力は先日、滋賀県でちゃんこ店経営者が殺された。以前は都内ラーメン店店主が殺された。殺人まで至る例は特殊なことかもしれないが、背景には外食、小売業、もう少し踏み込みと現金授受を伴う相手への卑下を感じる。「お金を払ってやっている」「お客様だ」「お客様が偉いんだ」・・・などの誤った認識があるのではないか。
通販、TVショッピング、大手量販・外食の一部、ネットショッピングなどにおける、送料無料、何倍ポイント、返品自由、取りかえ自由、初回無料、サービス券乱発・・・こんな風潮とデフレが30年近くも続き、消費者心理が壊れたのではないかと思う。サービスはタダ、お金を要求するなら奴隷化を求める壊れた輩も出てくる。
お金は、サービスや物を得る、交換するための物差しにしかすぎず、提供するもの受けるものの関係は、当たり前であるが対等だ。売るのも買うもの自由なのだ。法的には売買契約に基づくものである。
その法的には淡白な関係を、楽しくためになる人と人との関係に変えたい。
「安くて良いものが欲しい。」「安くて美味しくて満腹になるものを食べたい。」この普遍的要求に応えるのなら、大手量販店や大手外食チェーン店に敵わない。我々零細ができるのは、お互いが信頼尊敬できる関係。それは扱っているモノやサービスの背景のコトをきちんと伝えられる。それも楽しく、洒落てできることだ。
おいしこく㈱はアンテナショップ『Shop おいしこく~cocoa~』を2月以降オープン予定。また追ってご報告していく。


【松井の昼ごはん12月25日】
坂出市京町リーベで唐揚定食。

【松井の昼ごはん12月26日】
坂出市川津町めんや七福別邸でなべ焼き大。食べ応え十分、そしてうまい。

【松井の昼ごはん12月27日】
坂出市川津町まいどまいどで肉大。肉系うどんを体が求めている。

【松井の昼ごはん12月28日】
丸亀市綾歌町フィーユ エ フィスでオムライスランチ。綾川町の大林養鶏場直営のレストラン。ここのランチは優れものだ。


【松井の昼ごはん12月29日】
丸亀市飯野町飯野屋で肉醤油温大+おでん長天。温でもムニュムニュ良いうどんだ。

【松井の昼ごはん12月30日】
坂出市駒止町大政でワンタンメン大。久しぶりの大政。旨いのでスープまで飲み干したら胸焼け。

【松井の昼ごはん12月31日】
善通寺市善通寺町善通寺町善通寺うどんで鳥天ぶっかけ温大。今年のしめはやっぱりうどん。