shop&cafe おいしこく~cocoa~は、こんな食のサプライヤーたちの商品を取り揃えるお店です

(2月12日現在)


㈱井筒屋【香川県東かがわ市引田町】
讃岐手延べ麺メーカーです。県内の製麺所では珍しい有機JAS認定取得の工場です。国産小麦、地域特産の小麦粉原料の商品の開発に積極的に取り組んでいます。つゆ付き商材は化学調味料、食品添加物不使用です。
近年の売れ筋は即席にゅうめんです。他社製品との違いはコシがきちんと感じられる麺が再現できていることです。

オーガニックファームまんのう㈱【香川県仲多度郡まんのう町】
農薬、除草剤、化学肥料を使わずに環境循環農業で、米、小麦、裸麦を作付けしてるエコファーマー認定農業生産法人です。
第17回米・食味分析鑑定コンクール国際大会都道府県代表お米選手権-特別優秀賞、すし米コンテスト国際大会第3回大会-特Aランク賞、すし米コンテスト国際大会第4回大会-品質ランク賞 など各種国際大会にチャレンジし品質向上に努めています。

㈱かめびし【香川県東かがわ市引田町】
宝暦3年(1753年)の創業以来「むしろ麹」製法を守り続ける醤油蔵です。原料の大豆、小麦は国産、250年以上蔵に棲みつく酵母たちと、自然の四季の移ろいの温度変化のみで諸味を熟成させていきます。

㈱京蔵・京兼醸造㈲【香川県仲多度郡琴平町榎井】
1919年創業の比較的新しい醤油蔵です。現在は讃岐うどんの本場で、日本で唯一の讃岐うどん出汁専門会社となりました。出汁の研修施設も持つ会社です。化学調味料やエキスを混ぜただけの麺つゆも多い昨今、きちんと出汁をとっています。

大地と語り合う会【香川県三豊市財田町】
「農業はいのちと語り合う営みである」をテーマに集まった主婦が中心(その後高齢化)に生産・加工・販売を手掛ける会です。国内では珍しいボイセンベリー(米国原産、ブラックベリーとラズベリーの交配種)の農薬・除草剤・化学肥料不使用での栽培、ジュース、ジャムなどへの加工を一貫して行っています。要 潤 副知事ともボイセンベリーを通じて交流があり、三豊市の特産品に育ってきています。
2017年11月には中四国農政局が選ぶ『ディスカバー農山漁村(むら)の宝』の17地区のうちの1つ(香川県関係で2か所)です。

ケンショー食品㈱【高知県高知市一宮東町】
ルーツは大正時代の醤油販売業。戦後1947年にソース製造販売を始めて今に至ります。アミノ酸等の調味料、保存料、着色料、甘味料は使わずに、主に地元の契約農家の農作物を原料に製品づくりをしています。ソース、ケチャップともに大手メーカーのものと味が違います。

中井農園【香川県丸亀市綾歌町】
農薬、除草剤、化学肥料不使用でオリーブ、米を育てています。オリーブからは、葉を乾燥させ、粉砕したオリーブ茶、オリーブの実を苛性ソーダーを用いずに硫化式平釜煮製法の『瀬産の鹽』で渋を抜く製法で、塩蔵オリーブを作っています。オリーブオイルの搾汁は同一農法の近隣の4農家で今後行っていく予定です。
米作りは環境循環農法でヒノヒカリを作付けしています。土づくりに選定したオリーブの枝を粉砕して使っています。

㈲だいや食品【香川県観音寺市木之郷町】
小さな、町の冷凍食品工場です。代表的な食品は『餃子』です。香川県産野菜(端境期は甲信越、北海道などの産地)をはじめ主原料は四国、国産を用い、皮は讃岐うどんの麺生地の製法で作りました。 『中華丼の具』の主原料は国産。そして化学調味料不使用で味は優しい野菜の出汁です。

㈱オーバルK【愛媛県松山市桑原】
農場、自然に直結した、手作り加工食品を提案する会社です。四国の地鶏、土佐鴨を仕掛けた代表が、その鳥を用いて作る料理を商品化しました。
今後は、しまなみ・北条ジビエ加工品も商品化していきます。加工品製造工では化学調味料などの添加物は使いません。

まるほ食品㈱【香川県仲多度郡多度津町】
香川県産地鶏讃岐コーチンを扱う唯一の鶏肉加工メーカーです。精肉のほかに讃岐コーチンを用いたフランクフルト、ウィンナーなどの加工食品製造販売を行っています。

四国明治飲料㈲【香川県高松市鹿角町】
柑橘酢、ゼリー、チュ-ペット、ジャムなどの製造販売メーカーです。
香川県産自然栽培の柚子、橙を足踏み式搾り器で1個ずつ搾ります。
県産農作物を用いた加工食品の委託製造もおこないます。おいしこく『ユズ本鷹』はここで製造しています。

五色台ハーブ園【香川県高松市中山町】
禅道場である公益財団法人喝破道場が自立支援を目的に行っている農業部門です。農薬・除草剤・化学肥料を使わずにカモミール、ローズマリー、レモングラスなどのハーブの栽培、ハーブティーの製造販売を行っています。
香川本鷹唐辛子、信鷹唐辛子の作付けを委託して、ハーブ同様の自然農法で育て、乾燥加工していただいております。

田舎い~なぁかんぱに-【香川県高松市塩江町】
藤川牧場前オーナーがはじめた甘酒、どぶろくを製造販売する会社です。
甘酒は塩江産米と香川県産米麹だけが原料です。冷凍甘酒は火入れしていないので酵母菌が生きていて腸まで届きます。

さぬき和蜂養蜂㈱【香川県高松市多肥上町】
香川県下各地で1年以上かけて集め、造りあげた日本蜜蜂の天然はちみつのみを「2年熟成物ハチミツ」として製造販売しています。
日本蜜蜂の生き抜く力を信頼して蜂の自由に任せて、蜂が収集したハチミツから熱も何も加えずに酵素の生きた自然食品のハチミツを商品化してお届けします。

Oliveisiland【香川県小豆郡小豆島町】
小豆島産、香川県産のエキストラバージンオリーブオイル加工品、小豆島産オリーブの塩蔵、香川県産ニンニク、香川本鷹唐辛子加工品などの製造販売をしています。県産原料を用いた商品開発に優れています。

(有)藤川果樹園【香川県観音寺市大野原町】
温州ミカン、不知火、セミノール、レモン・・・四季折々の柑橘類を阿讃山麓で育てる柑橘農家です。土作りはじめとした農法には研究熱心です。レモン栽培は県のエコファーマー認定です。自社柑橘を用いたストレートジュース、シャーベットの販売も行います。

宝食品㈱【香川県小豆郡小豆島町】
小豆島産の醤油を用いた佃煮メーカーです。釜飯の素や讃岐三畜(オリーブ牛、オリーブ夢豚、讃岐コーチン)を用いたレトルトカレーの製造もしています。生協や高質系スーパー向け商材が得意です。

・・・・
取扱商品は今後、野菜、果物類を強めていきたいです。

【松井の昼ごはん2月5日】
昨日中井農園中井さんに頂いた恵方巻。これのおかげできちんと昼食にありつけた。感謝感謝。

【松井の昼ごはん2月6日】
ファミマでカップ麺とそぼろ弁当を購入してから出勤。外食に出れないのでせつない。

【松井の昼ごはん2月7日】
店内でCaféメニューに向けてだいや食品の中華丼の素の試食。加工食品でありながら家庭料理の味。素材や調理法に誤魔化しがない。

【松井の昼ごはん2月8日】
高松市仏生山町コメルシーの台所のロールケーキとオーバルKの土佐鴨のアヒージョ。アヒージョこのままだと味が優しすぎだ。調理時に野菜や本鷹が必要だ。

【松井の昼ごはん2月9日】
高松市仏生山町BIT’Sのハンバーガー+ポテト。ここのバーガーは美味い。けど上手に食べれない。

【松井の昼ごはん2月10日】
高松市鹿角町中西うどんで湯だめ大+穴子天+野菜かき揚げ。冷たい雨が降る日。しみじみと美味しい。うどんから力をもらう。

【松井の昼ごはん2月11日】
Caféメニュー用調理でだいや食品の純生ぎょうざ。うまい餃子だ。作るもの簡単だ。

ブログ アーカイブ