体も心も毎日の食べ物でできている

至極当たり前のことだが、私という存在は日々口にしたもので維持されて、そして生きていくことができる。だから何を食べ、何を飲むかは極めて大切な事柄だ。

仕事柄、コンビニ飯を食べ続けたり、外食でうどんを食べ続けたり、かなり偏った食生活をしている。健康診断は、からこれ8年間受けてないが、体調は良い。一時期78㎏近くあった体重も今は73㎏台で安定している。体調も心の状態も決めているのは食事だ。

コンビニ飯は進化してきているが、まだ外食を超えてはいない。ましてや家庭で作る料理を超えることはできない。何故か、それは料理の作り手に目的がないからだ。この目的は家族への思いや、目に見えるお客さんへの思いだ。美味しいの中身は素材だけではなく、様々な要素、自己満足の要因がある。この満足度が大きい食事が良い体と心を作る。そして次に素材に興味と関心を持つことだ。様々な命を頂き私の命の継続性が保たれているのだ。食に携わる者は、それを口にする人を思い、美味しいと喜んでいただけるものを届けたい。そのためには原料や製造工程、様々な背景も知っておきたいし、伝えたいと思う。


【松井の昼ごはん5月7日】
7-11の冷凍チキンライス+担々麺(カップ)。炭水化物で満腹。

【松井の昼ごはん5月8日】
高松市鹿角町中西うどんでかけ2玉+揚げ+かき揚げ。うどんのうまさを噛締めている。

【松井の昼ごはん5月9日】
高松市仏生山町エンゼルブレッドのパン3個。

【松井の昼ごはん5月10日】
7-11のアンザス牛カレー。なかなかうまい。

【松井の昼ごはん5月11日】
ローソンのかつ丼を食べてからの香川本鷹国産小麦讃岐手延べうどんの調理テスト。

【松井の昼ごはん5月12日】
茹で置き冷凍した香川本鷹国産小麦讃岐手延べうどんの調理テストを7-11のジャージャー麺で。うどん焼きならいけるがパスタとしては厳しい。

【松井の昼ごはん5月13日】
7-11カップ麺しょうゆ味+冷凍ドライカレー+炒めたミニトマト。ミニトマト炒めると味が濃くなる。

ブログ アーカイブ