四国の美味しいもの・・・土佐鴨

お隣愛媛県のジビエ仲間とのご縁から、地鶏の養鶏・採卵を手掛ける工藤舎(松山市)と知り会えた。そして年始からの打ち合わせを経て、工藤舎が企画開発に携わり、ビージーエム高知㈱(高知市)が飼育・加工する土佐鴨の販売をさせていただくことになった。

この土佐鴨はチェリーバレー種の合鴨で、岩手鴨、京鴨などと同種の、国内流通量の多い種で、味が繊細で特に脂身は甘みを感じさせるほどに味とコクがあり、日本料理に適するといわれる。そして鉄分含有量が鶏肉の6倍、豚肉の4倍、牛肉の2倍ある。

多々あるご当地鴨のなかで、土佐鴨の特徴は①飼育・加工・出荷が衛生的環境で一貫して行われる。②えさを「タカキビ」にすることにより良質の白い脂身となった。③作業従事者が若い。④人のご縁で広がっていく。ということだ。

まだまだ四国発の食材としては馴染みの薄い鴨ではあるが、ヘルシーな新しい肉として広めていきたい。四国以外の方もどうぞよろしく。

お問い合わせ詳細は弊社まで↓

info@oisikoku.com matsui762@gmail.com



【松井の昼ごはん6月19日】
綾歌郡宇多津町居酒屋daining総で鳥天丼(塩だれ)。この鳥の柔らかさ、ふっくら感は何なんだ。美味しい。

【松井の昼ごはん6月20日】
丸亀市内のファミマでひれかつサンド+ミネラルウォーター。コンビニでも良いもん食べれば高くつく。

【松井の昼ごはん6月21日】
善通寺市下吉田町まるやうどんでなめたけぶっかけ冷大。暑い夏にはこれだね。

【松井の昼ごはん6月22日】
丸亀市福島町石川うどんでざる大+竹玉。はじめての大。かなりでかい。少し苦痛。年甲斐もなくやっちまった。

【松井の昼ごはん6月23日】
丸亀市垂水町明水亭でざる大。こちらの量は大でも昨日の半分。これが一般店の標準くらいかな。

【松井の昼ごはん6月24日】
綾歌郡宇多津町塩がま屋で温玉牛ぶっかけ冷。ここの肉系はとても美味い。肉質が明らかに違う。

【松井の昼ごはん6月25日】
丸亀市飯山町海侍で肉わさ冷中。夏うどんはこれだ。きゅうりのワサビ漬けが良い仕事している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です