食品とキャンドル?


Shop&Cafeおいしこく~cocoa~はイートグッドな食料品を扱う『おいしこく』と、キャンドル教室・販売の『キャンドルcocoa』の共同運営店舗だ。世間には、小さな食料品店はたまにあるが、食料品とキャンドルという組み合わせは珍しいと思う。

食料品は生きていくうえで欠かせないものだが、キャンドルはどちらかといえば生活に潤いをもたらす嗜好品的なものだ。両者が共存することで、食用品のほうはイートグッドな食の提案型セレクトショップとしていきたいし、キャンドルのほうは相性のよさそうな食品(ハーブティー、オリーブ加工品、ジャム、ドライフルーツ・ピール、ジャムetc.)との詰合せなど商品アイテムと客層の幅を広げることができる。

将来的には、食もキャンドルも体験的要素を深められる展開をはかることができるようになると、お店が楽しい場所に変わっていけると思う。
現実はまだまだ厳しいが夢は広がる。

【松井の昼ごはん3月12日】
讃岐缶詰のいりこのオリーブオイル和えをご飯に乗せてネギを薬味に食す。汁がないとちょっとむつごい。そしてココペリ(坂出市白金町)のカツサンド。

【松井の昼ごはん3月13日】
マルナカ仏生山店の弁当+カップラーメン。カップラーメンは汁物替わり。

【松井の昼ごはん3月14日】
高松市仏生山町エンゼルブレッドのカツサンド。

【松井の昼ごはん3月15日】
マルナカ仏生山店の弁当とカップ麺。このカップ麺の香辛料エキスは辛みが強く残っている。

【松井の昼ごはん3月16日】
マルナカ仏生山店で総菜2種。このハンバーグほぼ澱粉だ。

【松井の昼ごはん3月17日】
入船農園チンゲン菜菜花+山地農園原木シイタケのソテー、MR.SO.SOのオリーブパン+ツナサンド。おやつはミンナノタコヤキのしょうゆマヨ。どれもよくできていて美味しい。

【松井の昼ごはん3月18日】
仏生山町エンゼルブレッドのパンと三豊市仁尾町藤田水産の焼き鯖寿司。焼き鯖寿司は丸かじり、かなりのボリュームだ。