異なる世代、異なる価値観の人と接する場を持つことは大切だ

居心地がいいのは一人だったり、同僚とだったり、同級生となのだが、刺激をもらえるのは異世代だ。還暦も近くなると若い方との接点はありがたい。

今くだらぬ世情になっているが、このくだらない世の中にしたのは、この国の男、それもわれわれの世代から段階の世代にかけてがいけなかったのだと思う。それは、幸せや豊かさの追求が個や身内にだけ終わってしまったのではないか。仕事、家庭ともにお金が豊かと錯覚し、資本への迎合隷属を良しとし、あらゆる不条理や矛盾に口をつぐんできた。見ないふりをしてきたのではないかと思う。では他の世代はどうか。息子を見ていると、自由勝手きままな父親へのアンチテーゼで、まじめで隷属した保守的な人になっている。

人は親族も含め学校のクラス、部活、職場などの狭い世界で接してきた人によって作られる。だから接する人の幅を広げることが、その人の深さを作る。そしてとても大切なのが本との出会いだ。


【松井の昼ごはん5月14日】
カップ焼きそば風の油そば。4分茹でのカップ麺は麺が太くてうまい。

【松井の昼ごはん5月15日】
当社の香川本鷹・国産小麦手延べ麺を7-11のジャージャー麺のたれでつけ麺でいただく。

【松井の昼ごはん5月16日】
7-11の冷凍炒飯をネギとEXVオイルでアレンジ。そしてコメルシーの台所さんの柚子サイダー。

【松井の昼ごはん5月17日】
7-11のビーフカレー辛口とチキンカツサンド。

【松井の昼ごはん5月18日】
ペヤングスッパ辛焼きそば+ハムカツロールサンド+赤玉ねぎ。ぺヤング激マズで全てが台無し。道理で特価販売なわけだ。

【松井の昼ごはん5月19日】
善通寺市下吉田町まるやで肉ぶっかけ冷小。2時間後丸亀市綾歌町香川屋本店で肉ぶっかけ冷小。なぜか今日は肉ぶっかけ冷小が欲しかった。

【松井の昼ごはん5月20日】
7-11の麻婆丼。かなりコクがある。辛みは足りないので本鷹+信鷹でアレンジ。