Monthly Archives: 10月 2018

消費税はゼロを目指せ

来年10月から消費増税がなされる。食の業界はややこしく、税率は、外食の店内飲食は10%へ増税、テイクアウトは、他の食品購入と同じで8%据え置きとなる。10%へと増税される外食向けには、クレジットカード決済の場合は2%消費者へ還元、などという現場を知らない連中が金融会社と考えたくだらない話が上がってきている。中小企業や個人店比率の高い外食産業でカード決済する所は稀だ。明らかに大手外食産業、金融資本と結託した外食業界再編、小規模自営業潰しなのだ。

上場企業などの大手は様々な優遇税制や助成金の恩恵を受けて、税金を殆ど納めず、内部留保を貯めこんでいる。

生き残るためには、減税要求を明確に打ち出すことだ。税率UPが大きなビジネス、利権になろうとしている。会計士、カード会社、銀行、レジ機器、印刷・・・増税利権なのだ。


【松井の昼ごはん10月10日】
焼きそばとdanchyu。おにぎりが食べたい。

【松井の昼ごはん10月11日】
もやしカレー乗せ焼きそば。

【松井の昼ごはん10月12日】
カレーヌードル+パパベルの玉子サンド。

【松井の昼ごはん10月13日】
うどん焼き。

【松井の昼ごはん10月14日】
7-11のカツサンド。

【松井の昼ごはん10月15日】
カップ麺豚骨+回鍋肉。

【松井の昼ごはん10月16日】
うどん焼き。摺りごまと金ごま乗せ。

【松井の昼ごはん10月17日】
牛もやしカレーとパン。もやしの食感はカレーには向かない。

進む流通再編の下で

国内市場縮小に伴い、流通再編が加速している。最大手イオンは系列スーパーの地域ブロック毎の再編を発表した。中四国では、マックスバリュ西日本、マルナカ、山陽マルナカ各事業会社が経営統合する。イオンは経営破綻したマックスバリュ、マイカル、ダイエー、マルナカ・山陽マルナカなどを傘下に入れ国内最大流通小売業になった。しかし経営統合された香川などの地方では、評判が悪く客足が減少傾向にある。全国6ブロックの事業会社を経営統合して、地元ニーズにより答えると同時に、物流の効率化をはかるとしている。他に地元関連でユニ・ファミリーマートHDがドンキホーテHDにユニー株全株売却を決めた。大手は大手なりに生き残りをかけ、絵を描いている。

では、零細食品店はどうすればいいのか。ほとんどの人は食品の買い物はどこでしているのか。スーパー、ドラッグストア、生協・農協・産直、コンビニの中でぐるぐる回っていて地域の商店で買う頻度は少ないと思う。このぐるぐるに入れてもらえるようになること。それは商品力では無いのだと思う。良い商品と売れる商品は違う。大切なのは店舗力・人間力なんだと思う。


【松井の昼ごはん9月28日】
賄いのダイシモチムギと長ナス燈馬カレー。

【松井の昼ごはん9月29日】
丸亀市飯野町飯野屋の肉しょうゆ温から高松市仏生山町柚の木のキーマカレー。流石の味です。

【松井の昼ごはん9月30日】
台風の下、丸亀市飯山町彦江でしょうゆ大+竹天。

【松井の昼ごはん10月1日】
焼きそば。

【松井の昼ごはん10月2日】
鶏レバーうどん焼き。

【松井の昼ごはん10月3日】
鶏レバー焼きそばに古川七味。

【松井の昼ごはん10月4日】
ベーコンチーズフランスパン+燈馬カレー。

【松井の昼ごはん10月5日】
ちょっと豪華なうどん焼き。

【松井の昼ごはん10月6日】
高松市香南町香南アグリYO-HOのランチ。体に優しく染み渡る。

【松井の昼ごはん10月7日】
親子うどん焼き。卵2個使ったので迫力満点。

【松井の昼ごはん10月8日】
高松市仏生山町柚の木でモーニング。昼は焼きそば。

【松井の昼ごはん10月9日】
高松市番町番丁でミニカツ丼セット、うどんは冷ぶっかけ。久しぶりに食べれて良かった。