松井のひとりごと!

1 17 18 19

米国シアーズ店舗閉鎖…日本の百貨店も大苦戦、小売り不振が続く

年が明けて早10日。

光陰矢の如し、である。

クリスマス商戦の敗北を受けて米国百貨店大手シアーズ・ホールディングスは5日150店舗(シアーズ42店舗・Kマート108店舗)閉鎖を発表したとされている。

米国では昨年から老舗の店舗閉鎖が相次いで発表されている。

メイシーズは8月に100店舗閉鎖を発表。

アパレル業界リミテッドも、1月6日250店舗閉鎖を発表している。要因はアマゾンなどの通販への敗北とされる。

米国と異なり人口減少市場縮小の日本国内は対岸の火事で済まされない状態である。

商品の購入スタイルにおける通販大手の占める割合は高くなっている。物を買うという行為の中で小売店に足を運ぶ、人と接するという行為が否定されている。このことに小売側は為すすべがないではなく、存在意義を問い直すことが必要だ。たぶん、百貨店も洋服屋さんも和服屋さんも薬屋さんも・・・・多くの販売にかかわる人や企業が、信頼や尊敬されていない証なのではないかと思う。

正しい情報か否かは別としてスマホでググれば情報は得られる。

そして操作すれば買物はできる。コミュニケーションや時間が必要ない。

けれど・・・と私は思う。信頼や尊敬はどのようにして得られるのだろうか。人それぞれ価値基準は違う。売買契約を通じて価値を共有する中で、互いが成長感や心地よさを得られる関係。これは今の通販では無理。

人を介してだとできる。そして経営者や株主や地域の生活者は人を大事にしないと、そのような人や店舗は育たないのだ。


【松井の昼ごはん1月1日】

自宅で昨日の夕食の残り物の整理。

伸びきって切れた蕎麦もご飯だと思えば大丈夫。


【松井の昼ごはん1月2日】

三豊市詫間町石鎚神宮内茶房茶久楽でぜんざい。

ランチメニューが売り切れていたのでこれが昼食だ。

程よい甘さで温まった。


【松井の昼ごはん1月3日】

坂出市川津町まいどまいどで肉うどん。

やっと初うどん。


【松井の昼ごはん1月4日】

丸亀市土器町麺輝屋土器店でかけ中+とり天。


【松井の昼ごはん1月5日】

三豊市高瀬町渡辺うどんできつねうどん。

20数年ぶりに行ったが見た目も味もさほど変わらない。

揚げの油抜きが少しかいないようにも感じた。


【松井の昼ごはん1月6日】

高松市川部町チャメリで2種のカレーランチ、ナンをチーズナンに変更。

4辛頼んだが意外と甘い。

ラッシーも頼んだのでかなり豪華な昼食。


【松井の昼ごはん1月7日】
高松市東ハゼ町カフェ想創でランチプレート+珈琲。

スープとピクルス美味し。


【松井の昼ごはん1月8日】
丸亀市土器町マドリエ丸亀未来館で開催のこだわりの食マルシェ出店のHANAUTA虹房のカキフライもどき弁当。

カキは舞茸と豆腐で再現。

食感はかなり近い。あとは匂いだけ。海苔で磯臭さが出せれば尚近づく。


【松井の昼ごはん1月9日】

仲多度郡琴平町おいりそばの肉蕎麦。

観光地で食べるまさかの国産9割蕎麦。

美味しい。

新年あけましておめでとうございます

新しい年を迎えられたことに、ただただ感謝<(_ _)>

昨年秋ごろから何だか潮目が変わってきていると感じることがある。

これが今年は雰囲気ではなく、目に見える形で動き出すのだろうと思う。

世界の日本の四国の香川の・・・様々な場所でチャレンジする人が増えていく。

それは便利にしようだったり、もっと優しくしようだったり、もっとひと手間かかけようだったり・・・今までの当たり前だとされていた事柄を、人としてどうなのと捉えなおすところからはじまる。

おいしこくは四国から美味しいを発信するところ

この変化の波に乗っていく。イートグッドを根付かせるために。


【松井の昼ごはん12月26日】

綾歌郡宇多津町麺太郎でかけ2玉+揚げ。

寒かったのでまた熱いうどんにしてしまった。


【松井の昼ごはん12月27日】

高松市国分寺町裏きせき国分寺本店で濃厚豚骨ラーメン(かた)。

良いとんこつラーメンだ。


【松井の昼ごはん12月28日】

綾歌郡宇多津町つるぎでポテサラ+ヒャッカ+飯小+汁。

これで350円。

なんだか申し訳ない。


【松井の昼ごはん12月29日】

丸亀市綾歌町香川屋本店でかけ小+野菜かき揚げ。

最近食べすぎなので小。


【松井の昼ごはん12月30日】

高松市伏石町かつ蔵東バイパス店でかつ丼。

16時過ぎの昼食。

この時間帯にもお客は3~4組いてワンオペは見ていて気の毒だった。

かつ丼490円は魅力だ。


【松井の昼ごはん12月31日】

今年の食べ納は高松市牟礼町うどん商人つづみ屋でカレーうどん。

美味しゅうございました。

2016年を振り返る

1月のCoCo壱番屋廃棄カツ転売問題で幕を開けた一年。

食についての信頼が大きく失墜するところから今年はスタートした。

福島の原発事故の意識的忘却のなか「食べて応援」は、大手小売り量販・生協、外食の多くが協賛するものとなり、台湾など海外の日本食品の輸入規制とは裏腹に、国内流通・食品利権屋に消費を押し付けられ・・・そして年末、新宿ぼったくり居酒屋、ドミノピザ醜態で今年も終わろうとしている。

食を取り巻く情勢は今年1年良くも悪くも大きな転換点を迎えている。人口減少と労働力確保がおぼつかない中で、大手外食チェーンのかなで24時間営業を見直すところが増えてきた。

中小小売、外食からイートグッドの波がはじまり、イオンなどもオーガニック系食品の強化を図ってきている。

日本国内に置いては20世紀後半からの大量生産大量消費スタイルの見直しを図らざるを得なくなると同時に、医療費負担解消を食に求める傾向が続いている。

当社は、昨年年末、丸亀通町出店計画を断念し、今年は地元の有志と「たべたい食の番組」というネット動画配信番組を始めた。

この番組は、食にかかわる地元の方々の中で、私が話して欲しいと思った人や法人代表に事業内容、食について話していただく、ただそれだけの番組だ。

収録は回を重ねるごとに濃いものとなってきている。

見る方の受け止め方は様々だと思う。地元の食について関心を持っていただく契機になればと思う。

そして香川からのイートグッドの波を起こすことが出きれば良いと思う。良い年末年始を!


【松井の昼ごはん12月19日】

綾歌郡宇多津町麺太郎でかけ中+野菜かき揚げ。

坂出インターバスターミナルの南側にできた新店。

冷たいメニューも試してみたい。


【松井の昼ごはん12月20日】

坂出市元町吉野家坂出店で牛丼並+お新香+味噌汁。


【松井の昼ごはん12月21日】

綾歌郡宇多津町マクロビカフェNogirouで会食。

野菜をたくさん採れた。翌朝のお通じも素晴らしい。


【松井の昼ごはん12月22日】

丸亀市柞原町松屋丸亀柞原店で牛丼並頭大盛り。

牛丼は大手チェーンでは松屋が一番安い。


【松井の昼ごはん12月23日】

三豊市詫間町茶房茶久楽でカフェランチ。

安定感のある美味しさだ。


【松井の昼ごはん12月24日】丸亀市飯山町海侍で牛すじうどんそのまま中。

冬メニューでは一番お気に入りのメニューがこれ。

しみじみとうまい。


【松井の昼ごはん12月25日】

仲多度郡まんのう町季節をたべる食卓 numarで一汁三菜と玄米ごはん。

今日のコースは素晴らしかった。オリーブ豚を堪能した。

1 17 18 19